2017年08月05日

「リニアで南アルプスを壊さないで」大鹿村現地集会

当日、午後6時から懇親会やる予定だよ!
追って詳細お知らせします〜

「リニアで南アルプスを壊さないで」
大鹿村現地集会 8月5日〜6日

リニアで南アルプスを壊さないで現地集会チラシ.pdf

4月27日、長野県大鹿村でJR東海はリニア中央新幹線の南アルプストンネルの掘削を開始しました。
南アルプストンネルの掘削は、山梨県側早川町での工事着手に続いて2番目です。
「大鹿村だけが反対しても」という声に押されて工事着手を容認した大鹿村。
これから大規模な自然破壊や生活破壊、登山環境の悪化が生じるかもしれません。
しかし、地元自治体の結んだ確認書は紳士協定で、対策は不十分です。
その上、工事認可から3年、静岡県側の工事開始の見通しは不透明で、
いまだに長野県内で工事残土の受け入れ先として決定したところはありません。
本当は、「私たちの地域のみが賛成してもリニアは来ない」のではないでしょうか。
「お祖末」「杜撰」な状態で始まった南アルプスの自然破壊。
工事現地はウェストンが1892年に赤石岳を目指したルート周辺に散在します。
当時赤石岳は、富士山に次ぐ高峰とされ、大鹿村は「日本アルプスを目指す村」でした。
住民や私たち登山者はリニアで何を失うのか。南アルプスを残すために何ができるか。ともに考えましょう。

第一部 現地集会・交流会
✔日時 2017年8月5日(土)
集会13:00開場、13:30開始〜16:00
✔場所 大鹿村大河原交流センター
(長野県下伊那郡大鹿村大河原391−2)
✔参加費 500円
✔内容
■講演
成瀬陽一(渓谷探検家)さん「南アルプスの遊び方」
中川豊(前大鹿村長)さん「大鹿村を訪れた登山者たち」
聞き手=前島久美さん(元飯田FMパーソナリティー、
SBCスペシャル「残像〜リニア新幹線と山の記憶〜」に出演)
■報告と意見交換 「リニア非協力のススメ〜リニアによらない地域と登山はこう作れ」
協力やめよう!リニア工事/街と村をつなげ!野菜便・援農の取り組み/反リニアグッズを広げよう!/リニア工事を監視しよう!/リニア反対登山者賛同運動他アピール

第二部 「リニア反対」立看板作りワークショップ
8月5日16:30〜 午前7時新小渋橋のたもと「ディアイーター」前集合
みんなで反対の立看板を作ります

第三部 工事現地見学+小河内沢溯行
8月6日(日)7:00〜「ディアイーター」前集合
成瀬さんとともに、工事現場を通過し、渇水期には8割水量が減るとされる小河内沢を溯行します。徒渉のある沢登りです。渓流タビなどの足回りが望ましい。往復8時間程度です。

主催 リニア新幹線を考える登山者の会 TEL03−3752−4717(治療院「結」)
協力 大鹿の十年先を変える会 TEL0265−39−2067(宗像)・飯田リニアを考える会


発言者プロフィール
成瀬陽一
IMG_9944.JPG

1962年、愛知県豊田市生まれ。国内のみならず台湾や中国大陸奥地、インド洋のレユニオン島など、世界各地の渓谷に足跡を残す。南アルプス山麓水窪町大嵐で不登校の子どもたちが集まるフリースクールに参加。現在は愛知県新城市の黄柳野高校勤務。理科・グレートアース担当。
中川豊
IMG_0900.JPG

1936年、大鹿村生まれ。大鹿村役場に奉職後、教育長、村長を歴任。村史編纂に従事したほか、南アルプス国立公園登録、「日本でもっとも美しい村連合」加盟に尽力。赤石岳登山で大鹿村を訪れた外国人登山家の来歴を発掘し、H.E.ドーントの登山記の脚注を手がける。128回、赤石岳に登っている。
*宿泊予定の方は各自でご手配ください。大鹿村観光協会、または村役場ホームページにて宿泊施設を紹介しています。キャンプ場は大池高原、鳥が池の二カ所にあります(村中心部からは車で40分程度)
*大鹿村は中央高速松川インターから車で40分程度です。東京新宿、名古屋、大阪、長野から高速バスが出ています。松川インター前にレンタカー(KJレンタカー)あり。村営バスは伊那大島駅から1日4便です。
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 15:53| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

学習会 リニア計画 ここがおかしい!

学習会
リニア計画 ここがおかしい!

学習会リニアここがおかしい・改正.pdf

南アルプスを串刺しにし、東京(品川)―大阪間を結ぶリニア中央新幹線計画。
2014年に工事が認可され、
南アルプストンネルの工事が山梨県側で始まったと言います。
しかし、作業員宿舎は建設されたものの、本格工事はまだ。
山梨、静岡、長野の周辺3県では、排出土の行き場が決まらず、
工期が遅れているだけでなく、
JR東海は静岡県側、長野県側で本体工事に取りかかれないままです。

認可時には5000人余が異議を申し立て、
今年5月には738人が認可取り消しの訴訟を提起。
そして登山者アピール運動は、
わずか2カ月で1200人が賛同に名前を連ねました。
山梨県中央市では405人の賛同で立ち木トラストが、
神奈川県相模原市でもトラスト運動が始まり、
山梨県南アルプス市では自治会がJR東海の説明会を拒否。
長野県でも一方的に理解を求めるJR東海の姿勢に、
地元自治体の首長は批判を強めています。

どうみてもこじれているリニア中央新幹線計画。
豊洲移転の問題のように、
杜撰な計画やアセスのつけがここにきて表面化しています。
財政投融資でこれらの問題は解決できません。

リニアを止め、南アルプスの自然環境を守るために、
私たち登山者は何ができるでしょうか。
ともに話し合いましょう。

■日時 2016年11月10日(木)19時〜21時30分
■場所 東京都台東区民館 第5会議室
       台東区花川戸2−6−5「台東館」併設 
□報告
大島康弘さん(日本山岳会静岡支部長)「南アルプス 今昔」
辻村千尋さん(日本自然保護協会)「アセスのココがおかしい」
足立悠さん(弁護士、ストップリニア訴訟弁護団)「法律的にココがおかしい」

●主催 リニア新幹線を考える登山者の会、
   「リニアで南アルプスを壊さないで」登山者アピール実行委員会

T・F 03−3752−4717(治療院「結」) 
メールtozansyarinia@gmail.com
賛同署名サイト minamialps.mygarden.jp(年内まで集めています)
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 10:14| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月26日

28日申し入れ



【国土交通省・環境省、JR東海への申し入れへの協力要請】


大鹿村の宗像です。こんにちは。

10月28日に以下の内容で、認可取り消し、工事中止を求め
上記申し入れ、宣伝活動を行ないますのでご参加、ご協力をお願いします。

<国土交通省・環境省申し入れ>

●日 時  10月28日(金)10:00〜  60分程度
●場 所  衆議院第1議員会館 第5会議室
●参加予定 大鹿リニアを止める実行委員会、本村伸子議員秘書

*人数把握のため、事前に以下までご連絡ください
080−6652−8301(宗像)
munakatami@gmail.com(10月26日まで)

<JR東海東京本社申し入れ>

品川駅前アピール(金)12:15〜 1時間程度
JR東海申し入れ 13:30ころ

*駅頭情宣に多数の参加をお願いします!



大鹿村は南アルプストンネルの長野県側の工事予定地です。
先日、大鹿村と議会が10月21日に
南アルプストンネルの着工同意を表明し、
村では11月1日(火)に起工式が開かれる予定です。

村は同意にあたって、JR東海と確認書を締結しました。
ところが、村は締結を表明後に内容をHPに発表し、
わずか2日間の周知期間で村議会は多数決で4対3で着工に同意しました。
村長は村内のケーブルテレビで住民に同意表明しました。

21日の信濃毎日新聞の朝刊では、11月1日の起工式日程が報道され、
JR東海のスケジュールのために、村の同意が組まれたのは明らかです。

工事が始まれば、南アルプスにはじめて穴が空けられるだけでなく、
村は一日最大1736台の工事車両、
坑口3カ所、残土仮置き場9カ所、送電鉄塔・送電線、
作業員宿舎等々、一大工事プラントと化しますが、
住民説明会では毎回異論がでても、JR東海は
その後の記者会見で「住民の理解が得られた」とくり返しています。

あまりにも住民をバカにし拙速な工事同意に、
観光関係者、地権者等、住民の反発も出ています。

そこで私たちは、住民の意見を直接届けたいと思います。

村からは2名が参加しますが、この問題に関心のある方、
南アルプスの自然を守りたい方の参加を広くお願いします。

ともに着工を止めましょう!

posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 10:49| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする