2017年04月30日

抗議文出てます

抗議文

2017年4月28日

大鹿リニアを止める実行委員会
 

 昨日4月27日、JR東海はリニア中央新幹線、南アルプストンネルの除山非常口からの掘削を開始したと発表した。長野県側からの南アルプストンネルトンネルの掘削ははじめてとなる。私たちは今回の掘削開始に強く抗議する。

 第一にJR東海は卑怯だ。

掘削開始は当日や前日に、大鹿村や地元自治会、一部メディアに知らされた。なるべく騒がれないようにこそこそと掘削開始をすませようと思ったのは明らかだ。これが国から建設指示を受け、3兆円もの公的資金の借り入れを受けた企業のすることだろうか。恥を知るべきだ。

第二にJR東海は迷惑だ。

住民は工事車両の増加や工事の音に日夜不安を感じている。これからの生活がどうなるのか神経質になっているにもかかわらず、その変化が何に起因するのか十分に知らされなければ、不安は増幅するばかりだ。企業への不信感は高まりこそすれ解消されることはない。今まで同様、今回の掘削開始のやり方もまた、住民には迷惑、JR東海にとってもマイナスだ。

 第三にJR東海は南アルプスの自然破壊について軽く考えている。

地元にすら直前に知らせればすむという姿勢そのものがその証拠だ。南アルプスは国立公園であり、私たちみんなの共有財産である。本来なら国民投票をしてもおかしくない事柄を、一部の人間の間だけで進めてきたのがリニア事業の本質だ。もとより多くの人々に望まれたものでも、承認を受けたものでもない。元来不必要なものだからだ。

 そして今回の掘削表明はリニア事業の成果ではなく限界を示している。

国家的プロジェクトに対して、JR東海は沿線各地で反発を受けている。大鹿村でも抗議アピールを受け、11月の起工式では社長と県知事が会場に据え置かれる醜態を演じた。着工は予定より1年、掘削開始はさらにそれから半年がかかっている。先行するはずの小渋川非常口の掘削は保安林解除への異議によって進まない。掘削を公表できなかったのも、坑口以外の工事の遅れをばらされたくなかったにほかならない。本来なら誇るべき難工事の開始を、もはや公にアピールすらできない事態に陥っている。もともと杜撰な計画かつ、JR東海が公益事業を担うべき素質のない企業だからだ。

 私たちは、JR東海に南アルプストンネルの掘削の即時中止を求める。同時に、国や自治体が、JR東海への公的支援を取りやめることを求める。JR東海にそんな資格はなかったし、2027年の開業予定など無理だったのだ。傷の浅いうちに本事業から手を引くのが住民の生活や環境を担う立場の人々の賢明な判断だ。

 

 
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 12:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

南アルプストンネル今日掘削

信濃毎日新聞の記者さんからの連絡で、
今日南アルプストンネルの掘削が始まる、と教えてもらい、
急きょ、いっしょに見に行くことになりました。

そういえば、この間のお祭りのときに、自治会長さんが
起工式があるからお札の用意を、とか言っていました。
鍬入れとかしたのかもしれません。
村にはどうも昨日連絡があったようです。

IMG_0174.JPG
とはいっても、現在現場にはゲートができていて入れません。

IMG_0130.JPG
しかたがないので、釜沢集落の奥から山を下ること10分。
四方抗が見えてきます。

IMG_0157.JPG
対岸を望む信濃毎日新聞の記者さん。
スーツで行くところがすごい!

IMG_0139.JPG
作業員や
IMG_0136.JPG
クレーン車が周りで作業しています。
IMG_0166.JPG
詳しくないですが、いろんな重機が入っていて、
でもトンネルの入り口以外できちんとできあがった建物が
あるようにも見えず、上蔵の非常口で完成した重金属判定の残土置き場や
その他のヤードなどがあるわけではありません。
アクセス道路の整備も終わっていないので、掘削機もまだ入っていないようです。
つまり、本格的な掘削は周囲の工事の進捗とともに並行して進むのでしょう。
IMG_0172.JPG
木が邪魔して見えにくいですが、
先ほどの重機が中ほどに見え、
奥に見えるのが三正坊です。
釜沢集落の上のほうでも一部の家はかなり音が響きます。

この日、メディアに電話で知らせが行ってセレモニーも非公開で行われた点、
大鹿の住民運動が一定程度効果を上げたと言えます。
ほんとなら、大大的にメディアに宣伝を打って、
難工事への意気込みを示したかったことでしょう。

ところが予定していた上蔵の非常口は保安林が解除されず手を付けられず、
すでに昨年の安全祈願祭から半年の時間が経ってしまいました。
それでもまだ掘削できないというのは工事の先行きへの不信が大きくなるだけなので、
今回もとりあえずできそうなところで辻褄を合わせたのが実態です。
つまり、全然予定通り進んでいません。
なにしろ、JRが当初表明した着工は2015年秋。
すでに1年半の時間が経っても、トンネルに手を付けられなかったわけです。

ところで、今回の掘削について、JR東海は、村や自治会長に
当日や前日に連絡をしただけのようです。
調査ボーリングや昨年の安全祈願式等々、
やればやるほど、周知が直前、かつ秘密主義に陥っているJR東海。
よっぽどよくないことをしているという自覚があるんでしょう。

後で別の記者に、どのくらいの人に事前に知らせるべきなんでしょうか、と聞かれました。
それは関係する地区の人や工事車両が通るなら、その沿線の人と一応答えました。
でも、よく考えたら、南アルプストンネルの掘削がみんなに及ぶなら、
この村だけでなく、日本中の人に知らせるべきなのでしょう。
それをしなかったから、どんどん辻褄が合わなくなるわけで、
自分でハードルを高くしているだけです。
それはそれだけ、JR東海が、知らせるまでのことではない、
と南アルプストンネルの掘削を考えている証拠でもあります。



posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

工事は遅れています

保安林解除の異議意見書の提出によって、工事に遅れが出ています。
釜沢非常口の工事予定も、今春から来春へと先送りされていますが、
もちろん、JR東海の見通しが甘かっただけで、
河川工作物の許可取得に手間がかかっている上に、
予定地の保安林解除申請は、先週の段階ではまだなされていません。

そして今回のように保安林解除に時間がかかるなら、
来春の工事着工もなんとも言えません。
もちろん、残土の仮置き場にも、砂防や保安林についての許可が必要です。

さらにJR東海は今回の保安林解除申請について、
松川町生田の残土置き場を残土の持って行き先として地図で明示して
申請をしており、松川町の残土置き場はまだ町長もゴーサインを出していない
段階ですので、候補地として確定ではありません。
確定していない残土置き場を予定地として申請して、
「虚偽申告ではないのか」との質問に、
「予定地があればよい」というのが、地方事務所の見解でした。

そんな理屈通りますでしょうか。

その上、JR東海は保安林指定地とは違う別の場所を
掘削候補地として挙げていたため、
他に変わるべき場所がないことと、という解除の要件も満たしていませんでした。
その場所が取られなかったのは、予定地の事業者の事業に差し支える
とのことでしたが、もちろん、事業者が事業を継続できるだけの補償をしておけば、
保安林をわざわざ切るまでもなかったということです。

===== ===== ===== =====

中日新聞 長野
2017年3月30日
保安林解除に遅れ 大鹿のトンネル掘削、県に反対意見180件
http://www.chunichi.co.jp/article/nagano/20170330/CK2017033002000007.html

 県は二十九日、大鹿村で進むリニア中央新幹線の関連工事で、トンネル掘削に伴う保安林の指定解除が四月以降に遅れると明らかにした。最短で二十九日に解除される可能性があったが、住民などからの異議意見書が約百八十件提出されたため。保安林解除の遅れなどで、大鹿村の三カ所で予定される非常口の掘削工事も開始時期が遅れる見通しとなった。

 保安林解除の対象になっているのは、村で掘削が計画される坑口周辺の二百五十七平方メートル。工事で木の伐採などをするために、保安林指定の解除が必要になっている。

 二月に解除予定が告示され、リニア建設に反対する住民団体などが異議意見書を県に提出した。

 提出者に保安林解除の利害関係があるなどの要件が確認されれば、県が知事意見書などを付けて林野庁へ提出する。同庁が受理すれば、異議を申し立てた人への意見聴取をし、解除の是非を審査する。

 JR東海によると、保安林解除の遅れに伴い、小渋川非常口(上蔵地区)の掘削開始予定が本年度中から四月以降にずれ込むことになった。ヤード整備はほぼ終わっている。保安林の指定が解除されれば、速やかに作業用トンネルの掘削工事に入る予定だ。

 残る釜沢、除山の両非常口(ともに釜沢地区)の掘削開始も遅れる。釜沢非常口は、工事現場への進入路を確保するために必要な仮設橋の設置に時間がかかるため、今春から来春にずれる見通し。除山は本年度中から四月以降に遅れるといい、JR東海の担当者は「計画とは時期が違うが、二〇二七年の開業予定に影響を及ぼすことはない」としている。

 (今井智文、伊勢村優樹)

------

信濃毎日新聞
リニア投資1590億円 JR東海 前年度比4割増
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20170324/KT170323ATI090042000.php

 JR東海は23日、2017年度の設備投資計画を発表した。リニア中央新幹線では、東京・品川―名古屋間に16年度比約4割増の1590億円を計上、用地買収や建設工事を本格的に進める。柘植康英(つげこうえい)社長は都内で記者会見し「南アルプストンネル、品川駅、名古屋駅といった難工事を本格化させ、軌道に乗せていく」と説明した。

 リニア関連投資の増額に伴い、17年度の設備投資総額は4570億円(連結ベース)となり、16年度を340億円上回って過去最大となる見込み。柘植社長は「今後も健全経営を堅持しながら、工事の安全、環境の保全、さらには地域との連携を十分に重視して、計画を着実に進めていきたい」とした。

 これとは別に、山梨リニア実験線で続けている超電導リニア技術の開発関連は、16年度より7割ほど増やして50億円とした。

 南アルプストンネル長野工区の掘削が遅れていることについて、柘植社長は「早く工事にかかりたいと考えているが、保安林の指定解除がまだ終わっていない。(林野庁に)適切に解除していただいてから工事に着手したい」と説明。「(作業は)若干遅れているが、(2027年開業を予定する)全体の工程に影響を及ぼすことはないと考えている」とした。

(3月24日)

------

リニアと暮らし
保安林指定解除、大鹿村民が異議 「安全を優先して」 /長野
毎日新聞2017年3月18日 地方版
http://mainichi.jp/articles/20170318/ddl/k20/020/145000c

 リニア中央新幹線南アルプストンネル長野工区の工事に伴う保安林指定解除について、工事現場付近に住む大鹿村民が17日、「保安林を伐採すれば土砂災害を誘発する恐れがある」として、国の指定解除に異議申し立てをした。今後、県や林野庁で内容を審査する。

 JR東海は3カ所の作業用トンネル坑口のうち、小渋川非常口周辺の257平方メートルについて保安林指定解除を申請。県は林野庁の審査を受け、2月に解除が妥当とする「解除予定」を県報に告示した。

 この日は同村大河原のフリーライター、宗像充さんらが飯田市の県下伊那地方事務所を訪れ、林務課の担当者に全国から集まった120通に上る異議申立書を提出した。宗像さんは「現場は土砂災害警戒区域に指定されている。国や県は住民の命や安全を優先した審査をしてほしい」と要望した。

 一方、村議会は指定解除前に住民への説明や同意を得るようJRに求めた住民団体「大鹿リニアを止める実行委員会」の陳情を、反対多数で不採択とした。【湯浅聖一】
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 17:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする