2017年08月08日

8月6日、現地集会小河内溯行

集会翌日は好天の沢登日和
DSCN0960.JPG
三正坊橋の上に集合した登山者は23人、この日も盛況でした。
この橋は県の検査で4トン以上の通行が規制され、
ダンプが通れなくなり、JRの工事はつまずきました。
DSCN0961.JPG
沢からは見慣れない装置が。先ほどの滝を補強するためのものだと
所長さんが教えてくれました。
DSCN0963.JPG
山中の工事現場。
DSCN0965.JPG
先日は中が見られたのですが、この日は壁が築かれ見られません。
DSCN0970.JPG
小河内沢は渇水期で86%減水とされ、事実上枯れてしまいます。
その上、周辺にはこういった崩壊地形も目につきます。
DSCN0972.JPG
36災害以降は複数の堰堤が作られ、砂防対策をしています。
この巨大堰堤は御所平です。
DSCN0973.JPG
途中、JRの環境調査の職員が川を下っていて
何の調査ですかと聞くと「言えない」とのことです。
隠密調査が山中で行なわれています。
御所平で上がる人もいて、残ったメンバーでさらに上流へ。
DSCN0974.JPG
滝をロープを出して登ったり。
DSCN0980.JPG
ぞろぞろと渓谷遡行をし、
DSCN0987.JPG
最後に水遊びをして、小河内沢を満喫。
この沢がいったいこれからどうなるのか、
影響が出る前に、工事をストップすべきです。
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。