2016年10月17日

毎日新聞:JR、トンネル着工判断 大鹿村民は反発 説明会で「理解得た」 /長野

毎日新聞は見出しの振り方がちょっと違います。



JR、トンネル着工判断 大鹿村民は反発 説明会で「理解得た」 /長野

毎日新聞2016年10月16日 地方版

http://mainichi.jp/articles/20161016/ddl/k20/020/071000c

 2027年の開業を目指すリニア中央新幹線について、JR東海は14日夜、南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)の工事が行われる予定の大鹿村で、2回目となる全村民対象の説明会を開いた。終了後、沢田尚夫・中央新幹線建設部担当部長は「住民の理解は得られた。着工に向けて次のステップに進みたい」と話し、村と確認書を締結したうえで着工する考えを明らかにした。これに対し反対派住民は「理解も同意もしていない」と反発を強めている。

 説明会には住民ら約70人が参加。JR側はこれまで開催してきた自治会単位の説明会で出た質問や要望について回答した。住民からは「JRに歩み寄りがない」「(工事で発生した)残土の置き場を決めてから工事すべきだ」などの厳しい意見が出た。

 報道陣の取材に応じた沢田部長は、この日参加した住民の大半が工事に批判的な意見だったにもかかわらず「着工の条件が整った」と判断した理由について「村内でいろんな人の話を聞く中で決めた。心配する村民もいるので、引き続き溝を埋めるためにコミュニケーションを取っていきたい」と述べた。

 JRは今後、村議会から提出された意見書に基づき、工事車両の通行ルールや環境保全策などを盛り込んだ確認書を村と締結。村長と村議会の同意を得て着工する見通しだ。

 一方、リニアに反対する住民団体「大鹿リニアを止める実行委員会」は、説明会終了後に記者会見を開いた。宗像充代表は「これまでより一層理解と同意が遠くなった。着工を判断したプロセスも不透明だ」とJRを批判。村に住民主催の説明会を開くよう求めていく方針を示した。【湯浅聖一】


posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 10:07| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。