2016年09月02日

多摩とリニア 第7回 残土問題って何だ? (中)

 前回は神奈川県旧藤野町(相模原市)のリニア坑口予定地、残土問題の現地報告をした。その際、山岳写真家の三宅岳さんが連れていってくれたのが、河内正道さんのご自宅だった。河内さんは長年藤野町役場に勤務しリタイア、町の残土条例の策定にもかかわった。具体的に残土が現場でどのように扱われるのか、「30年前から残土と格闘してきた」という河内さんにレクチャーを受けた。
IMG_5986.JPG

 前回、町の牧野地区の用沢に、国立競技場で発生する残土が置かれる計画があると報告した。河内さんは近隣住民で、その前はリニアの残土を持ってくると聞いていて、さらにその前は県の廃棄物処理場を作るという計画があり、これは下流の横浜市民が反対しポシャった。
実際に予定地を上部の林道から見下ろした。杉木立の中の急峻な谷地形で、ここを埋めるのかと疑問に思った。林道周辺から下の斜面に残土をダンプから下ろすという形になるのだろう。
IMG_5983.JPG

通常残土を置く土地は地権者から借りて平にして戻す。道路に近いほうから1㎥あたり1200円、1000円、800円と地主にお金が落ちるしかけになっているそうだ。1㎥の残土を引き受ければ、3000円ほどが業者に入る。10トントラックでは5㎥を積載できる。したがって、ダンプが1回運べば15000円の計算になる。
今回用沢の残土置き場は5万㎥の事業なので、5000万円の事業ということになる。現在では各地で残土条例などの規制がかかっているので、規制がかかればかかるほど利益率は低くなる。したがって、利益率を上げるための違法な投棄への誘因が生じる。
藤野の残土問題が目に見える形で噴出したのは、多摩ニュータウン建設に伴う残土が運びこまれたころだという。結局地元で置き場所を探すよりも処理が可能な安い場所に捨てられたということかもしれない。排出側も行先を把握しないまま業者に丸投げする。その業者がヤクザのフロント企業だったりすることもある。三宅さんが町内に以前業者が置いた事務所の建物を指し示しながら、「あそこの社長は抗争事件で新宿で射殺されたんです」と間髪入れず解説してくれた。
現場では、積み方が悪くて土砂が流出することも少なくなかったし、実際残土を不法に投棄して崩壊し、新聞記事になった場所も三宅さんに見せてもらった。
IMG_6006.JPG

そもそも「埋める」という目的のために残土予定地は谷地形が選定される。でも谷というのは流れがあったから凹状地形になっている。そこをせき止める形で残土を置けば、災害の原因にもなりそうだ。そうでなくても土砂が置きっぱなしになれば、泥が流出することもある。実際既存の残土置き場では、雨で泥が流出し集落の近くの篠原川の川原がドロドロになり、下流の相模湖まで達することがあった。
 藤野町では残土条例ができ、相模原市に吸収合併されて一時的に条例が消え、その後相模原市でも残土条例ができた。つまりどこの町でもある条例ではなく、残土問題で悩んだ自治体に条例ができたりするようだ。また、都道府県にも残土条例がある。他県からの残土の受け入れは原則しないという規定があったりする。ちなみに辺野古の埋め立ての土を他県から持ってくるという話がある。それは残土ではなく商品としての山砂や川砂、海砂だ。

 旧藤野町の場合、広さが3000uまでは役場が許可をし、それ以上は県が許可をするというのが河内さんの説明だ。業者は役場に申請をして役場が事業内容を確認し、券を発行して処分が可能となる。ところが業者のほうは、役場が発行する受領印を旗印に(実際の許可証ではない)、元締めがチケットを配り、許可される前に現場にトラックが一日100〜200台と押し寄せる。三宅さんが「トラックどうしがそのチケットをやり取りするのを見たことがある」と付け加えていた。役場のほうは、注意→勧告→中止という手順で指導することができる。ところが指導したころにはすでに現場には残土が詰まれている。

そのため「荒らされて逃げられる」という事態に対処するために、地主に共同責任を負わせることになる。事業認可にあたって1㎥あたり200円で、供託金を地主に求めるのだ。近隣住民との協議、協定をすることも要件として課せられた。50〜100万円と違反した場合の罰金も課すことができる。残土を運ぶためにたくさんのダンプが往来することになる。最終的に道路の拡幅も業者に課し、警備員を10人配置することも注文を付ける。

藤野の町内を車で行き来すると、ゲートがあったり不自然に道路が狭くなっていたりする場所がある。地主の意向もあったりするようだけれど、そういった集落の自己防衛策が残土の搬入を現地で阻んできた。業者としてはさまざまに課せられる業者負担に「不当な負担」という言い分があるようだけれど、「行政が、裁判をやりましょう、と腹をくくれば撃退できる」と河内さんは力説していた。
それでも現在の条例は「やる場合にはこういう条件をクリアしろ」という条例なので、本当は自然環境保全地域など、利用規制の条例が欲しいところだ、と河内さんは言っていた。残土問題では業者は「善良な仕事をするという前提がない」というのが経験を踏まえての河内さんの感想だ。リニアで排出される残土、持ち込まれる側は早めに防衛策を取っておいたほうがよさそうだ。(「府中萬歩記30号、宗像充)
IMG_6015.JPG
残土置き場の下部は水が溜まり、周囲の木々が枯れていた。
流れ出ているのは水だけなのだろうか。

以下囲み
登山者のグループで「リニアで南アルプスを壊さないで」と呼びかける賛同アピール運動をしています(同名のサイトから賛同できます)。わずか1カ月で1100人以上の方が賛同してくれた。まだまだ集めています。ご協力ください。



posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 07:42| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。