2015年12月11日

ワッペン売ってます

昨日の集会では、30個以上持っていったワッペンがほぼ完売しました。

リニアで南アルプスには行かないよ

リニアワッペン表.jpg
ワッペン 1個500円(限定500個)
直径5cmの円形のビニールワッペンです。
チェーンが付いていて、ザックやカバンの紐、
ジッパーの引き手などに取り付けられます。

リニアワッペン裏.jpg
イラスト・青木連(大鹿村)/レイアウト・宮島謡子(東京都)

*売り上げの余剰金は
「リニア新幹線を考える登山者の会」の活動資金に当てられます。
ワッペンのほか、「南アルプス」招待券と
「夢のリニア超特急」乗車券を同封しています。

団体・店舗委託価格(10個〜)450円 (基本買い取りですが応相談)
送料別途(購入者負担) 
*販売を引き受けてくださった
団体・店舗に関しては上がり分は謝礼とさせてください。

みずほ銀行 東青梅支店(745)
普通 1342333 名義 リニア新幹線を考える登山者の会

【国立公園「南アルプス」招待券】案内文から
自然豊かな南アルプスはみんなの財産、国立公園です。
また、自然と人間の共生のためのモデル地域、
ユネスコ・エコパーク(生物圏保存地域)に認定されました。
世界自然遺産登録を目指しています。
大規模開発を進める企業の入場は固くお断りします。

【「夢のリニア超特急」乗車券】注意書きから
料金 現金と後の世代への税負担
■新幹線の3〜5倍の電力を消費します。
変動磁界の計測値は公表されていません。
電磁波防護服の着用をお勧めします。
■5kmおきに地上まで非常口が設置されていますが、
エレベーターは40人乗りです
(リニアは1000人乗員、エレベーターも必ずあるかはわかりません)。
■非常時の誘導員の人数、非常時のドアの開閉方法は不明です。
身体障害者については利用者どうしで助け合って避難しましょう。
■山岳トンネルでのトラブル時には非常口出口までエレベーターはなく、
高度差370mのスロープがあります。出口付近は夏期には洪水、
冬期には雪崩の危険があります。
万一に備え登山技術を身に着けておきましょう。
■中間駅に駅員はおらず無人運転です。自己責任でご乗車ください。
乗車前の保険加入をお勧めします。

【問い合わせ】リニア新幹線を考える登山者の会 
TEL03−5752−4717(橋本) メール tozansyarinia@gmail.com
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 11:09| Comment(0) | 販売物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。