2015年10月30日

朝日新聞、山梨)リニア沿線工事、早川で12月着工 JR東海

朝日新聞2015年10月28日03時00分
山梨)リニア沿線工事、早川で12月着工 JR東海


 2027年開業予定のリニア中央新幹線について、南アルプスを貫くトンネル掘削に向けた工事が12月に早川町で始まることがわかった。JR東海が27日、早川町で開かれた住民向けの工事説明会で明らかにした。品川、名古屋の両駅ではすでに工事が進んでいるが、実験線を除いた沿線の工事は全国で初めてとなる。

 同社によると、工事の対象区間は、トンネルの全長約25キロのうち、早川町の出入り口から静岡県境付近までの7・7キロ。本線に先立ち土砂の出し入れに使われる2本の非常トンネルを掘る計画で、資材置き場の整備などを今年12月に、非常トンネルの掘削を来年3月に始めるという。本線の掘削は来年秋からになる予定という。

 工事説明会には住民約70人が集まり、非公開で開かれた。同社広報や参加した住民によると、同社担当者や工事業者が工事の概要や安全対策、環境保全対策などを説明。230万立方メートルもの土砂を運び出すため、ピーク時に片道で一日465台の10トントラックが通ることなどが伝えられたという。
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 13:48| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。