2017年04月27日

南アルプストンネル今日掘削

信濃毎日新聞の記者さんからの連絡で、
今日南アルプストンネルの掘削が始まる、と教えてもらい、
急きょ、いっしょに見に行くことになりました。

そういえば、この間のお祭りのときに、自治会長さんが
起工式があるからお札の用意を、とか言っていました。
鍬入れとかしたのかもしれません。
村にはどうも昨日連絡があったようです。

IMG_0174.JPG
とはいっても、現在現場にはゲートができていて入れません。

IMG_0130.JPG
しかたがないので、釜沢集落の奥から山を下ること10分。
四方抗が見えてきます。

IMG_0157.JPG
対岸を望む信濃毎日新聞の記者さん。
スーツで行くところがすごい!

IMG_0139.JPG
作業員や
IMG_0136.JPG
クレーン車が周りで作業しています。
IMG_0166.JPG
詳しくないですが、いろんな重機が入っていて、
でもトンネルの入り口以外できちんとできあがった建物が
あるようにも見えず、上蔵の非常口で完成した重金属判定の残土置き場や
その他のヤードなどがあるわけではありません。
アクセス道路の整備も終わっていないので、掘削機もまだ入っていないようです。
つまり、本格的な掘削は周囲の工事の進捗とともに並行して進むのでしょう。
IMG_0172.JPG
木が邪魔して見えにくいですが、
先ほどの重機が中ほどに見え、
奥に見えるのが三正坊です。
釜沢集落の上のほうでも一部の家はかなり音が響きます。

この日、メディアに電話で知らせが行ってセレモニーも非公開で行われた点、
大鹿の住民運動が一定程度効果を上げたと言えます。
ほんとなら、大大的にメディアに宣伝を打って、
難工事への意気込みを示したかったことでしょう。

ところが予定していた上蔵の非常口は保安林が解除されず手を付けられず、
すでに昨年の安全祈願祭から半年の時間が経ってしまいました。
それでもまだ掘削できないというのは工事の先行きへの不信が大きくなるだけなので、
今回もとりあえずできそうなところで辻褄を合わせたのが実態です。
つまり、全然予定通り進んでいません。
なにしろ、JRが当初表明した着工は2015年秋。
すでに1年半の時間が経っても、トンネルに手を付けられなかったわけです。

ところで、今回の掘削について、JR東海は、村や自治会長に
当日や前日に連絡をしただけのようです。
調査ボーリングや昨年の安全祈願式等々、
やればやるほど、周知が直前、かつ秘密主義に陥っているJR東海。
よっぽどよくないことをしているという自覚があるんでしょう。

後で別の記者に、どのくらいの人に事前に知らせるべきなんでしょうか、と聞かれました。
それは関係する地区の人や工事車両が通るなら、その沿線の人と一応答えました。
でも、よく考えたら、南アルプストンネルの掘削がみんなに及ぶなら、
この村だけでなく、日本中の人に知らせるべきなのでしょう。
それをしなかったから、どんどん辻褄が合わなくなるわけで、
自分でハードルを高くしているだけです。
それはそれだけ、JR東海が、知らせるまでのことではない、
と南アルプストンネルの掘削を考えている証拠でもあります。



posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 21:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする