2016年10月17日

反リニスタンディング

大鹿村、昨日は秋の歌舞伎でした。
それで役場横の一番交通量の多い交差点で、
村の前島さんが反リニスタンディングをしました。
IMG_9711.JPG

車にアピール
IMG_9720.JPG
手を振ってくれたり、声をかけたりしてくれる人多数。
取材もありました。

IMG_9723.JPG
「この道を力強く、前へ」リニア反対

IMG_9729.JPG
だれからもちっとも大事にされていないのに、進むリニア
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 23:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リニア、第二の原発

大鹿村に移り住む
 今年9月、20年暮らした国立を離れ、長野県南部、大鹿村に移住した。移住したのはプライベートな理由だ。とはいっても、2012年から4年間、大鹿村に通って、そこで人のつながりもできてきていたので、まったく見ず知らずの場所ではもはやない。通っていたのはこの村にリニア中央新幹線の路線が通り、その取材のためだ。
 新しい自宅のある場所は、標高900mほど。高尾山より高い。自宅から南アルプスの峰が見える。大鹿村は長野県南部の日本一大きい盆地、伊那谷を流れる天竜川岸から車で30分ほど。支流の小渋川沿いの狭い道を「この先村なんてあるのか」と不安になりながら溯っていくと、ぽっかりと斜面に家々が散らばった村が広がり、目の前に赤石岳がそびえる。東京からは中央道松川インターまで新宿からバスで4時間。人口1000人余の小さな村だ。
伊那谷の中心都市の飯田は日本の10万人都市の中で、東京から一番「遠方」なのだという。だから長野新幹線で東京と近くなった長野県北部と比べて「南北格差」があり、伊那谷の自治体はリニア新幹線を熱烈誘致してきた。ところが最近、トンネル掘削に伴い大量に発生する残土や、それを運ぶためのダンプ公害、水枯れ、沿線の用地買収と、リニア新幹線の問題が次々と明らかになるにつれ、住民だけでなく、自治体もリニア新幹線への警戒感が高まってきている。
ぼくが移住したのは、そんな時期にあたる。引っ越した当日、9月7日は、JR東海が村で行なった住民説明会の開催日にあたり、ぼくも出席して、早速住民として発言した。

取材のきっかけ〜リニアの問題点
 ぼくが村を訪れたのは、大学で上京して山岳部に入り一年目の秋、先輩に連れられて南アルプスの荒川岳を小渋川から上ったのが最初だ。小渋川から登る道は、川沿いに何度も徒渉を繰り返すワイルドな道で、登山道を通る登山しか知らなかったぼくにとっては新鮮な体験だった。先輩の一人は「よくこんなところに人が住んでるなあ」と谷間から家々を見上げてつぶやいた。それがリニア南アルプストンネルの前線の工事現場となる釜沢地区であり、ぼくの住む上蔵(わぞ)地区は、南アルプストンネルが渓谷を渡るため、一瞬地上部に出る場所にあたる。
 村を取材しはじめた2012年当時は、仕事をよくもらっていた山の雑誌で、度々この件についてニュース欄で取り上げられていた。その路線が南アルプスを通過するルートに決まった時期にあたる。山梨の実験線で行ったり来たりの実験を繰り返し、ときどき磁界が切れる事故も起こしていた超電導リニアが、実用化するなんてまともに信じている人なんてどのくらいいただろう。夢の技術は、原発事故で超巨大技術の安全神話が悲惨な形で崩壊するのを見せられたぼくたちにとっては、前世期の時代遅れな妄想に過ぎないと直観的に思う。
しかし山屋としては、横断する人工物のなかった南アルプスにトンネルを掘削されるというのは大問題で、当時村として意見書を出したりもしていた大鹿村に取材で訪れたのだ。住民たちは2年も前からこの問題に取り組んでいた。リニア新幹線の予定ルートはほかにも2本あったが、3本のうちの1本、南アルプスルートに路線が決まったのを村長室に住民の一人が聞きに行ったとき、村長もまた「自分も新聞で知った」と言ったという。「民主主義じゃないところで夢のような話が進んでいる」とインタビューした一人は感想を述べていた。
 リニア技術というのは、コイルを直線状に伸ばし、磁石の吸引と反発の力を利用して車体を浮上、推進させることを言う。絶対0度に近い極低温にすると電気が永遠に流れ続ける技術をリニアに応用したのが、超電導リニアだ。時速は500kmで片道1時間で東京―大阪を結ぶ。全線約9兆円の予算を見込んでJR東海が全額自己負担で賄い、東京(品川)―名古屋間の2027年開業を目指す。アベノミックスの土建屋救済策で、リニアも国策として推進され、すでに2014年には認可がなされている。
最近ではJR東海を対象に財政投融資をし、大阪までの前倒し開業をしようという議論もある。JR東海はドル箱の東海道新幹線を抱えているとはいえ、そもそも儲かっているなら新幹線を値下げするか、地方のローカル線を活用した地域振興策に取り組むのが、国鉄を引き継いだ公益企業の役割だろう。ところが控えめに見ても「金持ちの道楽」としか建設は映らない。
 というのは、必要性自体がかなり曖昧なのだ。鉄道というのは沿線の発展がその大きな役割だ。しかしリニアは遅いと意味がないので、なるべくなら中間駅で止まりたくない(鈍行は1時間に1本)。東京―名古屋―大阪を一帯化してメガリージョンを創出するというのが建設の目的だが、実際には東海道新幹線ができたときのように、東京一極集中がさらに加速され、沿線の住民も都会に吸いだされるだろう。老朽化した東海道新幹線の新調のために二重系化し、来たるべき東海・東南海・南海の巨大地震時にはバイパスになるというが、わざわざ路線を新しく敷かなくても東海道新幹線は新調できるし、巨大地震の震源域はリニアの路線にもあたっているので、まったく意味がない。どう見ても夢見すぎだろう。 

「第二の原発」〜安全神話と情報隠し
 超電導技術は新幹線の3倍とも言われる過剰な電気を使うため、そんな効率の悪い技術を営業路線で活用するのが本当に可能かという疑問もある。当然原発の再稼働も前提になる。リニアの実験線ができたとき、柏崎刈羽と結ぶ50万ボルトの送電線が建設されている。リニアのために再稼働しないと、あるいは、経済の起死回生のために原発を動かしリニアを走らせようという議論にもなりかねない。実際、JR東海の会長の葛西敬之は再稼働やむなしという発言をしていたし、にもかかわらず社長の山田佳臣はリニアだけでは「ペイしない」と発言している。戦前の関東軍の首脳もこんな心理だったのではないだろうか。
 原発も海外に売りこむために再稼働しないといけないし、リニアも同様に営業路線が必要というのも共通している。
 何より、「安全神話と情報隠し」という点で、リニアは「第二の原発」とも言えるほどの推進のされ方をしてきた。
 時速500kmのリニアが遠隔操作で運転手がいないというのを知っているだろうか。トラブル時は「多重の防護」で緊急ブレーキが働くという。どこかで聞いた話ではないだろうか。過剰な電力消費は過剰な電磁波も生む。シールドをしようと思えば鉄で覆う必要がある。鉄で覆えば重くなりまた電気を使う。当初は軽さを追求するため強化プラスチックが車体に使われ、実験で磁界が切れる事故で炎上した。磁界切れを防ぐためにはまた電気がいるし、燃えない車体にすれば重くなるのでまた浮かせるために電気がいる。リニアは在来の鉄道で培った技術が応用できないまったく新しい技術なのだ。欠陥を過剰な電力でクリアすることができたとして、矛盾は残る。そもそもそんなエネルギー過多の技術が売りこめるのかという問いに戻る。
 リニアの路線は86%が地下だ。南アルプスに限らずいくつもの活断層を横断していく。ずれが生じれば一発でアウトだ。トンネル内で立ち往生しても、南アルプス部分での非常口では最大370mの標高差がある。助かった最大1000人の乗客が3人程度の乗務員に誘導され、無事地上にたどりつけるのか。地上部分は、夏は洪水、冬は雪崩の巣になる山の中だ。
 そんないくつもの問題点を登山の雑誌で指摘すると、JR東海の広報部から、1度目は13カ所、2度目は5カ所のクレームが入った。どうでもいい嫌がらせで、編集部にも複数人で押しかけて資料を置いていく。実際それで週刊朝日やスパなど週刊誌はリニアの記事をやらなくなり、書けなくなったフリーランスもいる。キオスクに置けなくなれば、というのはかなりのプレッシャーだろう。「資金が尽きたらJALのように税金が投入されかねない」と書いたら、自社負担でやるというのを聞いていないのか、と広報部から何度もクレームが入り、言い返すとまた絡んできて終わらない。実際は固定資産税を自分から無心して免除してもらっているし、財政投融資も拒否することもなく喜んでもらっている。プライドのかけらもない甘ったれ、かつ悪質な企業体質と言える。

南アルプスとリニア
 そんな中、こういったフェアでない乗り物を消費者は選ぶべきではないと、登山者に呼びかけて反対アピール、ボイコット運動を始めた。わずか2カ月で1200人余が賛同署名を寄せてくれた。辺野古との共通点で言えば、山梨県側の建設を請け負うのは辺野古と同様大成建設だ。もともと日清日露戦争で明治政府に銃を売りさばき、財をなした大倉喜八郎が作ったのが大成建設だ。その際大倉は静岡県側の南アルプスの山林を買い取り、それが東海特種製紙の前身の会社だ。そこにリニアが通る。自分の土地をグチョグチョいじってれば金になる仕掛けだが、南アルプスは国立公園でもある。一私企業のいいようにしてみんなの財産を壊されてはたまらない。
 ところが大規模な自然破壊が予想されるのに、アセス自体は3年もかけていない。国土交通省はJR東海のやることだからと安易に認可を出し、いまだに調査されていないところの調査をJR東海はやって辻褄を合わせている。住民への説明も、質問を一人3問に限り、時間内で打ち切るというやり方を認可前はしていて、住民の怒りを買っていた。今も「理解と同意を得る」と言いつつ、「理解したかどうかは事業者が決める」と横柄な態度で住民の怒りが募っている。協定も結びたがらない。そうしないとできない事業だし、裁判になれば負けるから、というのが地質学者の見解だった。
 「止めないとたいへんなことになる」と反対する側は声を挙げているが、なかなか外には伝わらない。見過ごされがちな問題、どころか、国が沈むほどの大問題に運動が追いつかない、というのが実態だろう。すでに南アルプストンネルは山梨側では着工、長野側でもJRが着工に向けて強行姿勢を崩さない。にもかかわらず、出て来た排出度の置き場は長野県ではどこにも決まっていない、と穴が多い。この計画は、ぼくたちが声を挙げれば必ず止められる事業だ。しかし声を挙げなければ、原発同様悲惨な結果が待っているのも、知れば知るほどまた事実である。
(宗像充『沖縄の怒りと共に』98号)
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 19:00| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

速すぎる高速鉄道は古い、という記事

記事も古いけどね。


東洋経済2016年09月20日
世界の高速列車のトレンドに発生した"異変"
鉄道見本市「イノトランス」速報レポート
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 12:34| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡新聞:リニア「メリットない」 川勝知事、新幹線新駅を引き合い?

現地を見た静岡の知事は、新駅に実現実がないのは
よくわかっていると思いますが、おもしろいことを言っています。


リニア「メリットない」 川勝知事、新幹線新駅を引き合い?
(2016/9/28 08:25)

     川勝知事は、静岡空港の新幹線新駅について実現への道筋をただした多家氏への答弁の中で、JR東海が計画するリニア中央新幹線を「目下、静岡県に何もメリットはない」と断じ、同社に対してはリニア開通と東海道新幹線の連動を念頭に置きながら、新駅設置を「強力に働き掛けたい」と述べた。
     知事は、リニアのトンネル工事が想定される南アルプスを現場視察した経緯について、JR東海側に「協力的姿勢を示してきた」と言い表し、「リニアができれば新幹線新駅もできるとの見通しを持って見に行った」と説明した。その上で、現段階で本県は「(トンネル工事で出る)土捨て場の提供と、水量への懸念など悪影響しかいわれていない」と不満を口にした。
     同社が新駅設置を一貫して否定する中、答弁はリニアを引き合いに実現を迫ったとも取れる。ただ、本会議散会後、知事は記者団にその意図は否定し、「まずはリニアが本県にどうメリットをもたらすかを問う」とはぐらかした。
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 12:04| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リニア新幹線による南アルプス破壊反対

登山者の会のメンバーによる
「並木道」150号への投稿です。

CCE00003.jpgCCE00004.jpg
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 10:27| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンスポ:「平穏な生活奪われる」建設反対住民がリニア工事禁止を申し立て 長野・大鹿村


2016.10.13 18:02
「平穏な生活奪われる」建設反対住民がリニア工事禁止を申し立て 長野・大鹿村

 リニア中央新幹線のルート上にある長野県大鹿村で、建設に反対する住民18人が13日、JR東海の工事による騒音や大気汚染で平穏な生活環境が奪われるとして、村内でのリニアに絡む工事禁止を求める仮処分を名古屋地裁に申し立てた。

 申立書によると、村にはトンネルや変電施設が建設される予定。JR東海の環境影響評価(アセスメント)は工事による振動や大気汚染の影響を少なく見積もった疑いがあるとしている。

 原告の一人で民宿経営浮島仁子さん(77)は「住民説明会で質問してもきちんと返答がなく、納得できない」とJR東海の対応を批判した。

 原告側は、大鹿村は「日本で最も美しい村」連合に加盟しており、工事で環境が破壊されると観光客や登山客が減ると主張している。

 昨年8月に住民だけで同様の申し立てをしたが、ことし6月に却下された。今回は代理人弁護士を選任した上で、アセスメントを具体的に検討しあらためて申し立てた。

 JR東海は「申し立てがあったことを把握しておらず、申し上げることはない」としている。
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 10:16| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

毎日新聞:JR、トンネル着工判断 大鹿村民は反発 説明会で「理解得た」 /長野

毎日新聞は見出しの振り方がちょっと違います。



JR、トンネル着工判断 大鹿村民は反発 説明会で「理解得た」 /長野

毎日新聞2016年10月16日 地方版

http://mainichi.jp/articles/20161016/ddl/k20/020/071000c

 2027年の開業を目指すリニア中央新幹線について、JR東海は14日夜、南アルプストンネル長野工区(8・4キロ)の工事が行われる予定の大鹿村で、2回目となる全村民対象の説明会を開いた。終了後、沢田尚夫・中央新幹線建設部担当部長は「住民の理解は得られた。着工に向けて次のステップに進みたい」と話し、村と確認書を締結したうえで着工する考えを明らかにした。これに対し反対派住民は「理解も同意もしていない」と反発を強めている。

 説明会には住民ら約70人が参加。JR側はこれまで開催してきた自治会単位の説明会で出た質問や要望について回答した。住民からは「JRに歩み寄りがない」「(工事で発生した)残土の置き場を決めてから工事すべきだ」などの厳しい意見が出た。

 報道陣の取材に応じた沢田部長は、この日参加した住民の大半が工事に批判的な意見だったにもかかわらず「着工の条件が整った」と判断した理由について「村内でいろんな人の話を聞く中で決めた。心配する村民もいるので、引き続き溝を埋めるためにコミュニケーションを取っていきたい」と述べた。

 JRは今後、村議会から提出された意見書に基づき、工事車両の通行ルールや環境保全策などを盛り込んだ確認書を村と締結。村長と村議会の同意を得て着工する見通しだ。

 一方、リニアに反対する住民団体「大鹿リニアを止める実行委員会」は、説明会終了後に記者会見を開いた。宗像充代表は「これまでより一層理解と同意が遠くなった。着工を判断したプロセスも不透明だ」とJRを批判。村に住民主催の説明会を開くよう求めていく方針を示した。【湯浅聖一】
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 10:07| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする