2016年10月17日

静岡新聞:リニア「メリットない」 川勝知事、新幹線新駅を引き合い?

現地を見た静岡の知事は、新駅に実現実がないのは
よくわかっていると思いますが、おもしろいことを言っています。


リニア「メリットない」 川勝知事、新幹線新駅を引き合い?
(2016/9/28 08:25)

     川勝知事は、静岡空港の新幹線新駅について実現への道筋をただした多家氏への答弁の中で、JR東海が計画するリニア中央新幹線を「目下、静岡県に何もメリットはない」と断じ、同社に対してはリニア開通と東海道新幹線の連動を念頭に置きながら、新駅設置を「強力に働き掛けたい」と述べた。
     知事は、リニアのトンネル工事が想定される南アルプスを現場視察した経緯について、JR東海側に「協力的姿勢を示してきた」と言い表し、「リニアができれば新幹線新駅もできるとの見通しを持って見に行った」と説明した。その上で、現段階で本県は「(トンネル工事で出る)土捨て場の提供と、水量への懸念など悪影響しかいわれていない」と不満を口にした。
     同社が新駅設置を一貫して否定する中、答弁はリニアを引き合いに実現を迫ったとも取れる。ただ、本会議散会後、知事は記者団にその意図は否定し、「まずはリニアが本県にどうメリットをもたらすかを問う」とはぐらかした。
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 12:04| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リニア新幹線による南アルプス破壊反対

登山者の会のメンバーによる
「並木道」150号への投稿です。

CCE00003.jpgCCE00004.jpg
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 10:27| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンスポ:「平穏な生活奪われる」建設反対住民がリニア工事禁止を申し立て 長野・大鹿村


2016.10.13 18:02
「平穏な生活奪われる」建設反対住民がリニア工事禁止を申し立て 長野・大鹿村

 リニア中央新幹線のルート上にある長野県大鹿村で、建設に反対する住民18人が13日、JR東海の工事による騒音や大気汚染で平穏な生活環境が奪われるとして、村内でのリニアに絡む工事禁止を求める仮処分を名古屋地裁に申し立てた。

 申立書によると、村にはトンネルや変電施設が建設される予定。JR東海の環境影響評価(アセスメント)は工事による振動や大気汚染の影響を少なく見積もった疑いがあるとしている。

 原告の一人で民宿経営浮島仁子さん(77)は「住民説明会で質問してもきちんと返答がなく、納得できない」とJR東海の対応を批判した。

 原告側は、大鹿村は「日本で最も美しい村」連合に加盟しており、工事で環境が破壊されると観光客や登山客が減ると主張している。

 昨年8月に住民だけで同様の申し立てをしたが、ことし6月に却下された。今回は代理人弁護士を選任した上で、アセスメントを具体的に検討しあらためて申し立てた。

 JR東海は「申し立てがあったことを把握しておらず、申し上げることはない」としている。
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 10:16| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする