2016年09月14日

大鹿陳情、委員会では不採択

9月12日に大鹿村議会の特別委員会で
リニア反対陳情の採決が行われ、不採択となっています。
本会議は20日となっています。
もっともっと署名を寄せて地域から政治を動かしていきましょう。

160913採択結果.jpg


posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 19:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大鹿村、リニア反対陳情署名継続中

担当者引っ越しにつき、しばらく更新していませんでしたが、
その間に大鹿村のほうでは村議会にリニア反対陳情が出されており、
署名も継続して集めています。
以下、前島さんからの協力要請。
* * * * *  * * * * *  * * * * *

お世話になります。大鹿村の前島です。

陳情書名のご協力のお願いです。

添付資料の通り、大鹿村の議会会期中に
リニア計画反対の決議をあげてくださいの
陳情署名を実施することになりました。

村外者も対象になりますので
沿線の関係団体の皆さまにもご協力いただければ幸いです。
署名用紙はコピーしてお使いいただいても結構ですし、
必要枚数と送付先をお知らせいただければ
お送りいたします。


* * * * *  * * * * *  * * * * *

大鹿村村議会議長 熊谷英俊 様
リニア事業への反対を求める陳情書
(陳情趣旨)
2011年に現行ルートでのリニア中央新幹線の建設を国がJR東海に指示して以来、
私たちは最低限「今ある暮らしが守られるように」と願って、説明会に足を運び、
JR東海の説明に耳を貸してきました。
ところがJR東海の説明は、認可前は「決まっていないことなので
この場では説明できない」、認可後は「決まったことなのでやります」と、
乱暴なものでした。

先日8月24日に行われた松川インター大鹿線の工事説明会を経て、
JR東海は工事着工の意向を示しました。
結局JR東海の説明は、工事開始直前の段階においてすら、
始めてみて問題があればその都度対応していくというものでした。
問題が起きても最終的には責任を持たないというのです。

本体工事のための準備工事でありながら、
発生土の行く先(仮・本置き場も含める)も未定、
村が求めてきたJRとの協定締結もないままです。
このような一方的な工事着手表明を、私たちは認められません。

まともな説明もしない、結果も引き受けない企業による大型工事がなされれば、
今の大鹿村の生活や環境が一方的に壊さても、
そのつけは住民が負うことになります。

もともと、JR東海が全額自己負担すると約束して国は事業を認可しました。
ところが今は公的資金の投入が検討され、
当初計画の前提自体が損なわれています。
リニア事業は大鹿村にとってどうしても必要なものではないはずです。
大鹿村議会は、村の環境と私たちの生活を守るために
リニア工事に反対してください。将来の住民と子どもたち、
村の環境に責任を負うのは、JR東海ではなく今の私たち自身です。

(陳情項目)
大鹿村議会は、リニア事業への反対を決議してください。


締め切り 第一次 2016年9月10日 第二次9月18日
集約先 399−3502大鹿村大河原3080 前島久美
T・090−8044−0704

【署名を集める際の注意点・お願い】

この署名は村議会(8月31日)に提出した同内容の陳情書への賛同署名です。
以下の各点にご注意ください。
1 お名前、住所とともに印鑑をお願いします。なければサインでも結構ですが、なるべく印鑑が望ましいです。
2 村外の人もOK? 趣旨に賛同できる方はどなたでも署名できます。
3 お子さんでもOKです。
4 未署名の署名用紙をコピーしてくださって結構です。
お近くの人に知ってもらい、なるべく多くの人の
署名を集めてくださるようにお願いいたします。
署名用紙が大量に必要な場合は、集約先にありますのでご連絡ください。
5 いただいた署名はそのまま村議会に提出し、
目的外のことには使用しません。ご協力をお願いいたします。
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 18:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする