2016年08月26日

前代未聞! 釜沢地区で開催中の説明会・自治会長・副会長参加できず

大鹿村で開催中のJR東海による道路説明会。
先日は村民対象に行われましたが、
今日は南アルプストンネルの本坑工事の
工事現場となる釜沢で工事説明会が開催されました。
そもそも公道の改修工事なので、説明は誰がうけてもいいはずです。

ところが、村の対策委員が参加しようとすると、
JR東海の大鹿分室の長田氏が参加を拒否。
自治会長の谷口さんと副会長が理由をJR東海に問いただすと
まともな説明がなされませんでした。
話し合いを前提に協力してきたのに、
これでは協力できないと、二人は説明会への参加を断念しています。

音声はこちらから!

このとき、副村長の長尾さんは
そのまま素通りして説明会に出席。
住民の側に立って意見を代弁するどころか、
まるでJRの側に立って住民の意見を捨ておいていたそうです。

JRの説明会は住民のためにやるもの、
JRが一方的にやり方を設定し、聞きたいものだけ聞け、
自治会長だろうが、副会長だろうが、俺さまが法律だ、
という姿勢は極まっています。
今後もこのような姿勢は各地で繰り返される可能性があります。

前代未聞の地区説明会、現在も釜沢で続行中。

DSCN0284.JPG長田さん



posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 18:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR東海の強権発動、大鹿村でも

JR東海は23日の中川村に続いて
24日は大鹿村でアクセス道路の説明会を開催。
25日は大鹿村対策委員会で9月5日の週から
南アルプストンネル本体の工事説明会を開催するとの意向を表明しました。

信濃毎日大鹿道路工事説明会2016.8.25.jpg

JR東海の澤田部長は説明会後に
「住民理解は得られたと思う」と
ネジが外れたおもちゃのように繰り返しているそうです。
DSCN0283.JPG
澤田部長

ところで、JR東海は批判について
「大半の意見とは思っていない。着手する土壌は十分整った」
と答えたそうです。
その根拠を聞きたいところです。

★抗議先はこちら

長野工事事務所 TEL 0265−38−6500
大鹿分室     TEL 0265−39−2975 

ちなみに、対策委員会では、マスコミ排除の姿勢を明確にし
地区説明会での報道妨害を表明しています。
人さまに理解を求める人間の態度とは思えませんが、
JR東海はもともとそういう会社です。
東海道新幹線には乗らないで、安い飛行機を使いましょう。


posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 01:29| Comment(0) | 報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする