2016年07月24日

ゆるキャラグランプリ、リニー君&りにまね

リニアだけにやっぱり暴走してます。
現在273位。このまま浮上せずに消えてなくなることを期待しています。

ちなみにリニア関係のツイッターはいくつかあるようですが、
奈良市役所リニア推進課のものが一番楽しめます。

コピーは
「一直線に、天平の都へ」。
「一直線に、列島破壊へ」の間違いかも。


ゆるキャラ.jpg


posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リニア「伊那谷自治体会議」二次交通や観光、有識者が初論議

登山者の会もぜひ出席させてほしいものです。

http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160723/KT160722ATI090016000.php

 長野県や飯田、伊那、駒ケ根市などでつくる「リニア中央新幹線整備を地域振興に活(い)かす伊那谷自治体会議」(座長・阿部守一知事)は22日、初の有識者部会を都内で開いた。2027年のリニア開業を見据え、飯田市のリニア駅から目的地までの二次交通、観光、まちづくりについて、メンバー7人中5人が出席し、アイデアを出し合った。

 長野市の県庁からウェブ会議システムで参加した阿部知事は冒頭、「20年後、50年後の地域を見通して具体的な取り組みを進めたい」と呼び掛けた。会議はその後、自由な発言を確保するためとして、非公開にした。

 出席者によると、専門家からは、飯田下伊那地方で保存・継承の動きが盛んになっている民俗芸能について「地域ならではの観光商品としてリニアと結び付ける」といったアイデアや、メーカーなど企業立地について「沿線他県を交えた戦略が必要。メーカー側へのマーケティングも必要だ」との意見が出たという。

 秋に予定している次回の伊那谷自治体会議で報告する。

 有識者部会のメンバーは次の通り(敬称略)。

 清水慎一(県観光戦略アドバイザー)塚越寛(伊那食品工業会長)山田桂一郎(JTIC・SWISS代表)鈴木文彦(交通ジャーナリスト)上原三知(信州大農学部准教授)中嶋聞多(地域活性機構理事長)信時正人(エックス都市研究所理事)

(7月23日)
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 22:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

掘削機

先日、大牟田の三井三池炭鉱の跡地を見学する機会があった。
現在は世界遺産になっている施設は見学できて
その中に掘削機があった。
両腕にダイナマイトをしかける機械だそうだけど、
大鹿村のJR東海の職員が、
「両腕がついていて、それで掘るんですよ」
と身振り手振りを交えて説明していたのはこれのことじゃないかと思った。
誰か知っていたら教えてください。
IMG_6373.JPG
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 22:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする