2015年10月19日

明日は大鹿村リニア対策委員会

大鹿村の前島さん
(大鹿の100年先を育む会、大鹿村リニア対策委員)
から以下のようなメールが来ました。
本人の許可を得て紹介します。

@ @ @ @ @ @ @ @ @ @

第11回リニア対策委員会が
10月20日(火)に行われます。

午後1:00〜 @役場駐車場集合にて

前回9月の委員会で、小渋線の改良箇所以外のとことが
ちゃんとスムーズに走行が可能なのか検証する。
と委員会で決めたので、
現地視察に、傍聴者が同行する場合どうしたらいいのか
確認のために村のリニア対策室に連絡を取りました。

おどろいたことに

「今回は同行はできません。スクールバスを貸し切って
県とJR東海に来て説明してもらいます。
ただし視察から帰ってきての委員会の傍聴は出来ます。」

との返答でした。こちらから、
「県とJR東海を呼ぶなんて前回の委員会では
ひとことも話題になっていないし、説明を聞くのではなく、
対策委員会として検証するということで合意があったはすですが、
事務局が勝手に県とJRを呼んだんですか?」
と聞き返しました。

担当者の返答は
「JR東海の説明はDVDを見てのものだけだったので詳しい説明を」
とのことでしたが、
住民に説明されていないような話を聞く会ではありませんから、
と言い置いて時間がないのでいったん引き取りました。

また同行の件についてもスクールバスを貸し切っているのならば
傍聴者が3,4人来たとしても同席は可能なはずと伝えましたが、
とりあってもらえませんでした。

@ @ @ @ @ @ @ @ @ @

9月の委員会を傍聴しましたが、
現地調査はJRの言い分について委員会独自の見解を出すための
独自調査が目的というのは明らかでした。
前島さんの言うことが本当なら、
明らかに事務局は委員会軽視ということになるでしょう。
リニア工事に生活が左右される村の人は多いでしょうから
委員会の運営自体に公平性が保たれているのか、心配になりますね。
実際にどうなるのか、気になるところです。
posted by リニア新幹線を考える登山者の会 at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする